課税猶予の主張と関連して

最近、若い投資家を中心に、仮想資産課税延期要求が大きく、企画財政部が政界の反応に神経を尖らせている。ややもすると昨年の‘大株主基準論議’の時、記載部がひざまずいた状況が再燃する恐れがあるためだ。

27日、大統領府国民請願ホームページによると、「暗号貨幣税金の控除金額を増額してくださって課税適用期間をさらに先送りしてください」というタイトルの請願に対して、同日午前10時30分基準で4万8000人余りが参加した。「ビットコインをやめてください韓国20、30代の男性は生涯奴隷として生きるべきですか?」という請願には3万6000人余りが、폰테크 「暗号貨幣来年から税金を持っていけば、仮想資産の合法化と陽性化させていただきたい切に願います!」という請願には2万人がそれぞれ参加した。

政府は来年から仮想資産を譲渡したり貸与して発生した所得を他の所得に分類し、20%の税率(地方税別途)に分離課税する予定だ。1000万ウォンの収益が発生した場合、基本控除を除いた750万ウォンの20%である150万ウォンを税金で歩く。課税時1年間、複数の仮想資産から出した所得と損失を合算して税金を付ける損益通算を適用するが、繰越控除は適用しない。

株式は2023年から課税を開始し、基本控除額5000万ウォンを超える所得のみで税金を課す。ここで損益通算はもちろん繰越控除も5年間適用する。年間基準で損失を見た場合、その後5年間通算して税金を付けるという意味だ。

仮想通貨投資家は、仮想資産を株式と同様の投資資産として眺めるので、このような違いを「課税差別」として受け入れている。また最近ウン・ソンス金融委員長が「仮想資産に投資したこれらまで政府からすべて保護することはできない」、「(仮想資産は)認めることができない貨幣」と言及して仮想資産投資家の怒りを買った。仮想資産の価値を認めない政府が税金だけを切り離そうとする反感が高まり、「ウン・ソンス金融委員長の辞退を促します」という請願に参加人員が13万7000人に達した。‘ウン・ソンス金融委員長の解任を要請します’という請願も8000人を超えた。

税務省は、税務省の主務省に困惑している。仮想資産に対する課税期間は、今年10月から来年1月にかけて1回延期された。基本控除金額(250万ウォン)も株式のほか、一般的な他の資産と公平を合わせたものなので、問題がないというのが政府の立場だ。企業の成長と経済発展に役立つ株式投資と投機性が強い仮想資産投資を同等に扱うのは難しいという指摘も出ている。

しかし、若年層の票を意識した政界は先を争って対策作りに乗り出す姿だ。与党である共に民主党は政策委員会次元で状況点検に着手する一方、別途特別委設置を検討しており、野党である国民の力も仮想資産制度を研究するタスクフォース(TF)を発足することにした。与党の一部では、仮想資産投資所得の課税猶予を検討しなければならないという主張もあることが分かった。

これにより、記載部内外では、昨年の大株主基準をめぐる議論の時のように世論を前面に出した政界の圧迫に苦しむことができるという観測が出ている。記載部は昨年、株式譲渡所得税課税対象の大株主基準を10億ウォンから3億ウォンに下げる案を推進したが、世論を背負った政界に押されて‘現状維持’を選択しなければならなかった

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다