限度チェックの書類やその他の質問は

コロナを遠ざける段階が下がった

通りに再び多くの人がいます

外出に制限がかかっているが解けてみると

もっと人がいるようです

少し異常に流れるときは、ステップが再び

上って行くと思う

限られたことをするには、小商工人とビジネスマンの方々は

あまりにも強力で、それは解決する

国家災害の状態に広がる可能性があります

多くの点を考慮すると

政府も本当に困るようだ

考えたりします

早く、この状況が終わったら、誰もが

自分の場所を探すために

今日は投稿を開始します

今日は 中古車を輸入する

説明できるか?

インターネットが発展し

検索で多くの情報を収集することができます

正確な情報が何であるかを判断することは非常に難しいです

実は

だからあなたは輸入中古車を間違っていた

正しい情報の情報に 取り組むために

こうしたテーマで持ちこたえました

ほとんどの文を見れば、雲をつかむ式の

理解できない言葉で回って

材料です

さっさとファクトだけお届けします

中古車を説明するには

リースという商品の理解が必要です

リースとは何だろう。

リースは、金融会社が顧客に代わって

車を購入した後に賃貸する単純な賃貸借契約と

見てみればいい

だから、ローンを借りて生きるのと同じではないでしょうか?

普通の割賦のようなものではないですか?

疑念を抱くと考えられています

個人ローンで資金を借りて 車を現金で購入する

分割払いと分割が生成され、分割されるシステムの

共通点があります

まさに名義が本人だということ。

自分の名前で車を購入する

財産として捕らえられます

普通の会社員の方であれば、普通は大きく

多分あなたは気にしないかもしれませんが、
ビジネスマンがいる場合、

財産増殖による税金引き上げを避けることはできません

写真の車はポルシェ911カレラモデルです

ミント級中古車に相場が1億3〜4千万ウォンほどする

この車両を中古車現金購入や分割払いで購入時

財産に捕らえられて財産税の引き上げはもちろん

ゴンボリョ万月18〜20万ウォンは追加納付する必要がありでしょう

車を4〜5年間所有している場合

1,000万ウォン以上の追加税金を払わなければならないということです

リースとして使用した場合、名義は金融会社になる

請負業者は、ユーザーになるために財産として捕らえられません

不必要な税リスクを冒す必要はないということです。

また、年間1500万ウォンまで帳簿作成せずにコスト処理が

可能であれば、税制上の利益が見つかります。
ビジネスマンのための車両金融商品

見て、あなたは自由に多くの恩恵を受けていますか?

ナンバープレートは、通常のナンバープレートが取り付けられている

自車と同じ所有感を感じることができます

さまざまな方法で

リースという商品!

正直言って、あなたの通常の従業員は、

利用する必要はない

大きなメリットはありません

新しい車は輸入車を所有したい

ビジネスの顧客は負担をかける

中古リースとして利用すれば良いです^^

他に不利だから連絡いただき

条件を述べる場合、有利な進行方法

フィードバックをお届けします!

多くの収入とメリットがありますが、

どうやら新車ではないので負担が大きいだろう

考えます

輸入車は、誤って選べば、車両の金額だけ修理費が

大声で大声で聞こえるからです

リースとは無条件に買収する商品ではなく

契約満期時点で返却と引数を選択することができる

それが返却された場合、それは車両の処分に関するものです

金融会社がリスクを負う

だから、私たちはそれが何であるかを知りません

あなたはそれを実行することはできませんか?

中古のリースで実行するには

いくつかの条件が確立されなければならない

平均的な条件が5年未満の車両

車は10万キロを超えて移動できません

この条件は金融会社によって異なるため

お問い合わせいただくときご希望の車両とある程度

ご存じのように、あなたが運転するかどうかを教えてくれる必要があります

手配が可能です
登録証や性能紙保険履歴など電算上登録されて

車に性能や事故履歴を入念に

確認して進行するかどうかが決定されるので

本当に問題のある車両は

ろ過すると見ればいいのです

選択された車両に案内して

顧客の決定が完了すると、二次的に

直接顧客と 同じように 車を

遠い場所で確認したり

時間がなくて訪問が難しい場合は

基本点検や操作などに問題があるかどうか

写真やビデオで

添付してあげているので、大心配しなくてもよいです

車は良い選択をすることができますが、

一つ考えてみる

承認です

輸入中古車も厳然金融商品だから

限度チェックが必要です

数千万ウォンの車価格を代わり支払わなければならない

金融会社の立場では、それは当然ですか?

車両がコントラストを利用しようとする顧客の信用、

所得、負債比率などを見直し、結果を生み出します

簡単なプロセスをお伝えします

お問い合わせ – 車両相談 – 88카 車両手配 – 審査 – 車両最終点検 – 契約 – インド

それがあなたの順序です

限度チェックの書類やその他の質問は

ご便宜のとおりお問い合わせいただければ、詳しく説明いたします

私はあなたに多くの輸入中古車を連絡します!

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다